MENU

カロバイプラスに副作用成分は配合されている?危険性はないの?

カロバイプラスの副作用成分と危険性

ダイエットサプリのカロバイプラスは韓国の著名な家庭医学専門医が成分や配合にこだわり作ったサプリをベースに、日本の商品開発チームが日本人に合わせて再配合してできたものです。

 

当然、表向きには、副作用が危険な成分などは配合されていないように見えますが実は注意すべき成分は配合されています。

 

>>>CALOBYE+の詳細

 

 

 

 

 

カロバイプラスのコンセプト自体、無理な食事制限や運動はしなくてもこれを飲むだけでいいというのも、ちょっとは心配になってきます。

 

手間もかからずにできるダイエットはとても嬉しいのですが、成分を知らずに飲むのはちょっと不安でした。

 

万一、副作用なんてあったら怖いですから、念の為にカロバイプラスに副作用の原因になる成分が入っていないのかよ〜く調べてみました。

 

カロバイプラスに配合されている成分と副作用の危険性の有無ついて

効果のある製品=刺激の強い成分があるのでは?と思ってしまいますが、カロバイプラスの成分を見ても、当然ですが危険性のありそうな成分は入っていません。

 

実はこのカロバイプラスは国内GMP基準をクリアした工場で生産されていることもあり、海外発のサプリではありますが純国産なんです。

 

ですから成分的にも、製法的にも安心・安全は担保されていると言えます。

 

そしてサプリメントなので製造元にたとえ問い合わせしても、副作用の心配はないとしか答えは返ってきません。

 

薬とは違うので、明確な副作用があるとされた成分は配合されていないというわけです。

 

それでも危険性は有る

そうは言っても、個人差がありますから人によっては副作用ととれる症状がでることは当然あり得ます。

 

そこで、主要な成分について、本当に副作用がないのか?についてもっと詳しく調査してみました。

 

やはり、効果が期待出来る半面、ひとによっては摂り過ぎるとマズい成分もあるとわかりました。

 

緑茶カテキン

緑茶カテキン成分

まず、カロバイプラスに配合されている成分の中で注目したのは、緑茶カテキンです。

 

カロバイプラスには1日摂取する量に600mgの緑茶カテキンが入っています。

 

 

緑茶カテキンは血糖値の上昇を緩やかにする効果や、体脂肪を減らす効果もあります。

 

緑茶カテキンは肝機能を低下させてしまう副作用があり、それによって食欲が低下したり足がむくんでしまうことがあります。

 

ただし、これは大量に摂取した場合の話しで、600mgくらいでは良い事はあっても副作用の問題はないようです。

 

 

又、カロバイプラスは朝、空腹時に飲むことがすすめられていますが、胃への刺激が強くなるタイミングなため、人によっては吐き気などを感じる方もいると考えられます。

 

実際に「カロバイプラス 吐き気」と検索されているようですから、少数派ながら合わない方もいると思います。

 

 

もし体質に合わず副作用がでたとしても、実はあまり心配はしないでも大丈夫なんです。

 

というのも、カロバイプラスは30日間の返金保証付きで購入することが可能だからです。

 

例えば、定期コースで4回は購入しないといけない条件付きで申し込んだとしましょう。

 

実際に飲んでみて、どうも体質に合わないとなったら、返金保証を申請することで定期コースも同時に解約になるのです。

 

飲めないのに買い続けるなんてことにはならないってことですね。

 

 

 

桑の葉抽出物

桑の葉成分

次に調査したのは、最近よくサプリに配合されることが増えた桑の葉抽出物です。

 

カロバイプラスを1日摂取すると桑の葉抽出物が50mgも配合されています。

 

 

この桑の葉抽出物は糖分に働きかけてくれる成分です。

 

最近では青汁なんかにも配合されている成分なんです。

 

甘いものが好きな方には糖分に働きかえるオススメな成分なので、是非注目してくださいね。

 

ただし、糖尿病で薬を服用している方の場合は、血糖値がさがりすぎる可能性があるそうですから、ご注意ください。

 

 

ビタミン類

ビタミン類

カロバイプラスはビタミン類も多く配合されているのが嬉しいポイントです。

 

ビタミン類は美肌効果があると言われています。

 

普段の食生活だとビタミンを多く摂取するのは難しいですよね。

 

でも、カロバイプラスを飲めば他のマルチビタミンのサプリを飲む必要は特にないでしょう。

 

 

【注意成分】キトサン

キトサン成分

カロバイプラスの成分のなかで一番注意していただきたい成分がこれでしょう。

 

それはキトサン(カニ由来)です。

 

このキトサンという成分は便秘を改善したり、コレステロールを下げる効果があります。

 

ただカニ由来の成分なので、甲殻類アレルギーのある方は注意が必要なのです。

 

つまり甲殻類アレルギーの方はアレルギー反応を出す場合があるんです。

 

口コミの中にも飲み始めて1週間でぶつぶつが出てきたという方がいました。

 

このような場合はアレルギー反応の可能性がありますから、万一体調に異変を感じたら使用は中止しましょう。

 

 

 

 


カロバイプラスの副作用?下痢になる原因はこれ?

カロバイプラスの口コミのなかで、悪い部類にはいるものがあるのですが、それは下痢、というかお腹を下すという声なんですね。

 

これは危険な副作用成分が配合されているのかも?と想像してしまいますが、実はそういった成分は配合されていません。

 

ではなぜ下痢ぎみになるという声があるのかというと、カロバイプラスに含まれるスリムサポート成分による好転反応ではないかと考えられます。

 

例えば、キトサンという成分にはお通じ効果があるそうですし、ほかにも体調をよくしてくれることで有名なのがウコンなどですよね。

 

白インゲン由来成分

また、楽天でカロバイプラスが複数部門で人気なのと同じように、白インゲン成分については一時期ダイエット目的の人から絶大な人気を博したこともある成分となります。

 

 

様々な成分などにより、改善作用が起きた時に一時的に下痢などの困った症状があらわれることが知られています。

 

カロバイプラスの副作用ではないか?と言われる下痢の噂の真相はこれが原因ではないかと個人的に推察しています。

 

 

体調や体質によって、このあたりの身体の反応はひとそれぞれで変わって来る部分です。

 

そのため、どうもお腹の調子が悪いまま・・なんていう場合は、サプリを飲むのをいったんストップしてお医者さんに相談してみるのが安心です。

 

 

また、カロバイプラスが体質に合わない場合には、返金保証が使えます。
万一の時に保証が受けられるように、公式サイトからの申込みをするのが良いですね。

 

 

 

 

 

カロバイプラスの全成分と内容量

カロバイプラスのパッケージの裏面に成分が記載されていますので、そこから転載しておきますね。

 

アレルギーなどをお持ちの場合には注意してください。(キトサンなどが配合)

全成分一覧 亜鉛含有酵母、桑葉エキス末、セレン含有酵母、L−カルニチンL-酒石酸塩、ウーロン茶エキス末、白インゲン豆抽出物、ウコンエキス/結晶セルロース、緑茶抽出物、ゼラチン、ビタミンC、ステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素、着色料(酸化チタン、クチナシ)、パントテン酸カルシウム、キトサン(かに由来)、L-ロイシン、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、L-バリン、L-イソロイシン、ビタミンD
1袋の内容量 1ヶ月分=180粒 416mg/粒 (合計74.88g)
賞味期限について 手元にあるカロバイプラスのパッケージより、製造よりおよそ2年

 

 

 

手堅く体重を落としたいなら…。

プロテインダイエットであれば、筋肉をつけるのに欠くべからざる栄養成分とされるタンパク質を手っ取り早く、かつカロリーを抑えながら補充することができるわけです。

子育て真っ盛りの母親で、自分のことをかまう時間を取るのが難儀だと思っている人でも、置き換えダイエットならば体に取り入れる総カロリーを落として細くなることができるはずです。

ファスティングダイエットを行う方が合っている人もいれば、筋トレで脂肪を落とす方が向いている人もいるというのが実態です。自分の好みに合うダイエット方法を見つけることが大事です。

普段愛飲している飲み物をダイエット茶に乗り換えてみましょう。便通がスムーズになって基礎代謝が高まり、体重が落ちやすいボディメイクに重宝すること請け合いです。

ちゃんとスリムになりたいなら、スポーツなどをして筋肉を鍛え上げることが大切です。今ブームのプロテインダイエットを行えば、摂食制限中に足りなくなりがちなタンパク質をきっちり補給することができるはずです。


ダイエット方法に関しては星の数ほど存在しますが、特に効果が期待できるのは、ハードすぎない方法を休むことなく実行し続けることに他なりません。このような頑張りこそがダイエットの不可欠要素になるのです。

痩身中に空腹が我慢できなくなったらヨーグルトが最適だと思います。カロリーがカットできて、それにプラスしてお腹の調子を整えるラクトフェリンなどの乳酸菌が摂取できて、つらい空腹感を解消することができるのです。

体を引き締めたいのなら、筋トレを導入するべきです。摂取カロリーを低減するよりも、消費カロリーを増大する方がリバウンドもなしにシェイプアップすることが可能だからです。

年齢を重ねた人は関節を曲げ伸ばしするための柔軟性がなくなっているため、強めの筋トレなどはかえって体に悪影響を及ぼすことがあるので要注意です。ダイエット食品を用いて摂取カロリーの見直しを行なうと、無理をしなくても体を絞れます。

手堅く体重を落としたいなら、ダイエットジムにて運動に取り組むことをお勧めします。体脂肪を減少させながら筋肉の量を増やせるので、メリハリのあるボディをものにすることが可能です。


生活習慣が原因の病を抑えるためには、ウエイトコントロールが欠かせないでしょう。年を取って脂肪が落ちにくくなったと感じる人には、若年時代とは違う種類のダイエット方法が必要です。

「手軽に人が羨む腹筋を作ってみたい」、「肉がつきやすい太ももの筋肉を強化したい」とおっしゃる方に適したマシンだと好評なのがEMSです。

「筋トレを実施して体重を落とした人はリバウンドのリスクが少ない」とされています。食事量を抑制して体重を減少させた人の場合、食事量をいつも通りに戻すと、体重も増えてしまいがちです。

筋肉トレーニングを行って体脂肪の燃焼を促すこと、かつ食習慣を改めて一日のカロリーを減少させること。ダイエット方法としてこれがとにもかくにも賢明な方法と言えます。

痩せる上で何より重要視しなければいけないのは無計画に進めないことです。長期的にやり続けていくことがキーポイントとなるので、継続しやすい置き換えダイエットは極めて有用な方法ではないでしょうか?

 

 

 

 

このページの先頭へ